JGW-G2112973-v1

DocDB Home ]  [ Search ] [ Recent Changes ]

大型低温重力波望遠鏡KAGRAを用いた超軽量ゲージボゾンダークマター探索 (日本物理学会 2021年秋季大会)

Document #:
JGW-G2112973-v1
Document type:
G
Submitted by:
Yuta Michimura
Updated by:
Yuta Michimura
Document Created:
02 Jun 2021, 13:20
Contents Revised:
02 Jun 2021, 13:20
DB Info Revised:
02 Jun 2021, 13:20
Viewable by:
Modifiable by:
Abstract:
日本物理学会 2021年秋季大会での発表


講演題目:
大型低温重力波望遠鏡KAGRAを用いた超軽量ゲージボゾンダークマター探索

英語講演題目:
Searching for ultralight vector dark matter with large-scale cryogenic gravitational wave telescope KAGRA

所属:
東大理, 早大高等研^A^, 東大ビッグバン^B^, UWM^C^, 東大宇宙線研^D^, MPA^E^

英語所属:
UTokyo, Waseda U.^A^, RESCEU^B^, UWM^C^, ICRR^D^, MPA^E^

氏名:
道村唯太, 藤田智弘^A,B^, 粂潤哉^B^, 森崎宗一郎^C^, 中塚洋佑^D^, 西澤篤志^B^, 小幡一平^E^ for the KAGRA Collaboration

英語氏名:
Yuta Michimura, Tomohiro Fujita^A,B^, Jun'ya Kume^B^, Soichiro Morisaki^C^, Hiromasa Nakatsuka^D^, Atsushi Nishizawa^B^, Ippei Obata^E^ for the KAGRA Collaboration

講演要旨:
ゲージボゾンダークマターは、レーザー干渉計型重力波望遠鏡を構成する懸架鏡に周期的な力を加える。これによって生じる干渉縞の変化を、LIGOやVirgo、KAGRAといった地上の重力波望遠鏡を用いて調べることで、1e-13 eV程度の質量を持つ超軽量ゲージボゾンダークマターの高感度な探索が可能となる。特に、サファイア鏡を使っている大型低温重力波望遠鏡KAGRAでは、干渉計の補助チャンネルを利用したユニークな探索が可能であり、1e-13 eV程度以下の質量を持つB-Lゲージボゾンを、これまでの上限値を1桁以上上回る感度での探索が可能である。本講演では、ダークマター探索に向けた解析パイプラインの開発状況と、2020年に行われたKAGRAの最初の観測運転からのデータを用いた解析の現状について述べる。
Files in Document:
DocDB Home ]  [ Search ] [ Recent Changes ]

DocDB Version 8.7.10, contact Document Database Administrators